サマンサタバサ福袋のハズレまとめ【2017】売る方法など

サマンサタバサ福袋のハズレが全部おまかせで売れる!写真撮影も不要

サマンサタバサの福袋の中身、色が好みじゃなかったとか、コレはちょっと・・・と思うものもありますよね。

 

そんな貴女にとっての『ハズレ』を『かんたんに』売ってしまいましょう。

 

フクウロというサイトがあるのですが、ここなら専用のキットに入れて送るだけ。

 

最短で3日後にお金が振り込まれます♪

 

⇒フクウロで貴女のアイテムが何円になるのか調べてみる

 

 

 


 


 

 

福袋の体験談その1 20代女性

 

以前私は、福袋が好きで毎年のように買っていました。5年ほど前、安さに目を奪われて靴下屋のソックス詰め合わせというものを買ってしまいました。普段は、ブランド物の洋服を買うのが定番で、他の小物類などは買ったことがなかったのですが、やはり安さという部分で誘惑に負けてしまいました。靴下屋のソックスは、普通のソックスより値段が高めですが、その分お洒落なデザインもあるというイメージを持っていました。値段が1000円と衝撃価格の誘惑から、勢いで購入したのですが、開けてみると売れ残りの商品はもちろん、これはソックスなのか?どうやって履くのか?と驚くような商品だったり、色が奇抜すぎて履くことができないような商品ばかりでした。10足程入っていたと思うのですが、実際使えるような商品は、1~2足しかありませんでした。普段買う事もないブランドだったので、期待もしていたのですが、見事に外れてしまいました。こういった事から、福袋を安易に購入しなくなりました。

 

 

福袋の体験談その2 30代女性

去年、友達に誘われて行った地元のスーパーの衣料品店で、

 

買うつもりもなかったのに福袋を買ってしまいました。

 

 

 

看板には「冬物衣料と小物合計5点、通常価格10,000円が3,000円!」との記載があり、

 

3分の1の価格なら、1つか2つ気に入るものが入っていればいいかという安易な気持ちでレジを通りました。

 

 

 

帰ってから袋を開けてみると、中に入っていたのは。。。

 

何を主張したいのかわからない蛍光グリーンのニット帽。

 

どんなアウターにもあわせられないショッキングピンクのマフラー。

 

色はともかくぺらぺらに薄いネイビーのpコート。

 

お父さんのらくだの股引のような、ベージュのスキニーパンツ。

 

Sサイズと記載があるのにぶかぶかなパンプス。

 

 

 

ここまでの酷さはある意味奇跡的。

 

もともとのお店はベーシックな色や形の商品ばかりが

 

並んでいるので、「この中身はどこから持ってきたの?」と怒りを通り越してむしろ興味深深でした。

 

 

 

結局自分で着ることはできず、かといって返品もできず、

 

最終的には古着屋さんに持っていきました。

 

超ハイセンスなどなたかに着てもらえますようにとの願いを込めて。

 

 

 

これからは絶対に中身がわかる福袋しか買わないと、

 

強く心に誓った冬なのでした。